自分の顔にコンプレックスがある方はエラ削りも視野に入れてみよう

エラ削りで長年のコンプレックスを解消しませんか

スマホを見る

鏡の前に立った際に、エラが張って見えたり、お顔が大きくゴツゴツとして見えて嫌な気持ちになってしまったという経験がある方はいないでしょうか。エラの張っているお顔に悩まされている方は非常に多いです。一般的に、エラの原因は骨のゆがみや咬筋の発達のしすぎであるといわれていますが、どちらもご本人の努力で簡単に改善することができるものではありません。ダイエットや小顔バンドの使用でも小顔になることができずコンプレックスを抱えているのであれば、美容外科でエラ削りの手術を受けませんか。エラ削りによってエラの張りが解消され、小顔を手に入れることができお顔の印象が変化すれば、ご自身の長年のコンプレックスが解消され、人と話すことや会うことが楽しくなり、今まで以上にポジティブで積極的な自分になることができるでしょう。柔らかく女性的な顔立ちを手に入れたい方や長期的効果を希望されている方、入院なしの日帰りでの手術を希望されている方には、特にエラ削りの施術がおすすめです。エラ削りは、ボトックス注射によるヒアルロン酸注入と異なり、骨を削りますので、半永久的な効果を得ることが可能です。また、エラを削り取ることにより顔の角が取れ、スッキリとした女性らしい小顔を手に入れることができます。

エラ削りに術後メンテナンスは必要かどうか

エラを削ることによって女性らしい輪郭の小顔を手に入れることができるエラ削りですが、施術後にアフターケアやメンテナンスは必要となるのでしょうか。鼻にプロテーゼを入れたり胸にシリコンを入れる手術を受けた場合には、術後一定の期間でメンテナンスが必要となります。しかし、エラ削りの場合は基本的にはメンテナンスは不要とする美容外科が多いです。というのも、エラ削りの施術の際には一般的に金属等の異物を用いることがないからです。施術直後には顔に腫れが生じたり一時的に開口がしづらい等の症状がおこることがありますが、そうした不安定な時期であるダウンタイムを経過してしまうと、その後は通常は安定した状態となり、その後遅れて後遺症が出現するような事例はあまり見られないようです。異物を入れていないので、当然経年劣化等の心配もありません。よって、基本的にはエラ削りのダウンタイム経過後のメンテナンスは不要です。しかし、骨を切る手術は美容手術の中でも難関の部類に入りますし、何かと心配なことも多いでしょうから、不安を解消するためにも、しっかりと相談に乗ってくれたり、アフターケアが充実しているような美容外科を選ぶことが大切です。

エラがあると小顔になれない?美容外科のエラ削りを検討してみよう

小顔を目指して日々マッサージをしたり、美容器具を購入してお手入れに余念がない女性が増えています。肌のたるみを解消したり、顔の筋肉を鍛えることで顔全体が引き締まり、憧れの小顔に近づくことはできるでしょう。より美しくなることで、自分に自信を持てるのであれば努力の甲斐があるものです。この小顔のお手入れに関して、悩みが多いケースと言えばエラ張りがある方です。
エラの程度は人によって差があり、他の人から見て気にならないこともあります。しかし本人が気になるのであれば、悩みとして無視できません。「エラが張っているから、小顔になれない」と、ブルーな気分になっている女性もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方にぜひ検討していただきたい、小顔を目指せる方法があります。それは美容外科の「エラ削り」です。
この施術を検討される方は、長年エラの悩みを抱えていた方はじめ、より綺麗になるための方法としてエラ削りを選択された方などです。エラ削りは手術を要するため、よく検討してから決めることが大切です。どんな手術なのか、手術後のケアは必要なのかなど詳しく確かめてから決断していきましょう。また美容外科医院選びは、実績がある評判の良い所を探すことが大切です。まずはその検討を視野に入れて、情報収集してみましょう。

たとえば【コムロ美容外科】のサイトを見てみると、術後の経過や手術前後の注意事項が分かりやすくまとめられています。エラ削りのクリニックを選ぶ際には、このように情報をわかりやすく提示してくれるか否かという観点も忘れないようにしましょう。

おすすめ情報

指を立てる

エラ削り手術で気になる輪郭を改善しよう

全身写真を写した時や何人かで並んで撮影した時に、自分の顔を大きく感じてしまったことがある方は、案外多いのではないでしょうか。顔が大きく…

MORE